FC2ブログ

見渡す限り真っ平らな田園風景の広がる町から季節の移ろい、日常を発信

プロフィール

はこふぐ

Author:はこふぐ
点の記
北緯33度10分16秒
東経130度20分29秒
標高2.28m

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
柞原八幡宮のクス
Category: 巨樹巨木  
初詣は口実で実はこの木が見たかった

初詣の参拝客のため駐車場からそのまま神社に入るようになっており
門の側に立つという楠の巨木を間違いそうになった

参拝をすませて「大楠まで100m」とある看板より石段を下って
南大門の近くまで降りると
おわっ、でっかい木がある
01801016.jpg

根元は空洞になっている
凄まじい形相だ
01801017.jpg

荒々しくカッコいい
01801018.jpg

う〜ん、良い表情
01801019.jpg

頭上を見上げると主幹が無くなっているようだ
この幹があったら高さもかなりな巨木だっただろう
01801020.jpg

参拝客から聞こえたきた話によると
この神社、大分では2番目だと
宇佐神宮の次らしい
この巨木を見る限り
この神社が大分県イチじゃなかろうか

樹種 クスノキ
樹齢 伝承3000年
幹周 21m
樹高 30m

国指定天然記念物(1922年3月8日指定)
所在地 大分県大分市八幡
撮影 2018年1月2日
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment