FC2ブログ

見渡す限り真っ平らな田園風景の広がる町から季節の移ろい、日常を発信

プロフィール

はこふぐ

Author:はこふぐ
点の記
北緯33度10分16秒
東経130度20分29秒
標高2.28m

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
岡山県立森林公園 すずのこ平
Category: 九州以外の山  
昨年の秋に登山口も確認していた
イワウチワ咲く「伯州山」へと今年のGWは計画していたが
すべての花が早かった今年、この花も先週あたりが終盤だったようだ
あ〜あ、あのひらりと可愛らしい花が見たかったのに
もう少し足を伸ばせば良いのかなとも思うが
もしかすると森林公園に咲き残りがあるかもと淡い期待を抱いてやってきた
どのみちここには確認したいものもあるので
園内をゆっくり楽しもう

ちなみにこの公園、名前は公園だが普通に登山道みたいな坂がいっぱい
自然林のブナ林に植栽のスギ・ヒノキ・カラマツ林と普段歩く山と変わらない
こんな公園九州ではないんじゃないかな

GW間近、雪解けとともに開園(今年は少し早いようで4月13日開園)
いろんなお花が次々に咲き始めているはず

夜が明ける頃にグンと冷え、4度の表示だったが
どんどん暖かくなって来た

9時頃園の駐車場に到着
結構な車の数
どうにか入口に近い所に一台分の空きを見つける
早速、山桜の歓迎を受ける
先週の仰烏帽子でも満開だったからこっちは一週間遅いのか
01804138.jpg
舗装路を数メートル進むと管理棟
そこから四方にいろんなルートが延びている

まずはからまつ園地そばの小川の流れで
随分と大きくなったミズバショウを見て
01804139.jpg

リュウキンカの鮮やかな黄色を楽しむ
01804140.jpg

ネコノメソウの群生を見ながら山へと入って行く
01804141.jpg
この後、気になっていたオオヤマザクラの開花を確認して歩を進める
オオヤマザクラのことはまた後程

六本杉って名の大スギを通り
ズンズン登って行けば空も近くなって来たようで
ミズナラの林に
01804142.jpg

そして大好きなブナの森へ
01804143.jpg

足元にはブナの赤ちゃんが誕生
01804144.jpg

あがりこもいる
01804145.jpg

枝がまるで血管のようだ
01804146.jpg

稜線に登り上がって来た
01804147.jpg

ネマガリタケの群生なので次に目指す所がすずのこ平(ネマガリタケの地方名スズノコ)なんだ
01804148.jpg
すずのこ平(公園最北端1080mピーク)では先客が寛いでいたので写真を撮るのを忘れた
そいいや始めて他の登山者と出会う
あれだけ車が停まっていたが山中ではなかなか人に出会わない
それだけ広いって事かな

稜線をオオカメノキやミツバツツジが彩る
01804149.jpg

灌木の足元にはいろんな花

ツクバネソウも陽当たりの良い所では開花
01804150.jpg

エンレイソウも次々に
01804151.jpg

ミヤマカタバミは駐車場からずっと咲いていた
01804152.jpg

すずのこ平を過ぎるとイワウチワの群生地となるはずだが
ピンクの花が目に入ってこない
ちょうどその時、3人連れの女性が私の視界に入って来たので
「イワウチワがこのあたりに咲くようですが?」と聞いたところ
どんな花ですかと足元に「もしかしてこれっ」
なんと聞いた場所が群生地
だけどそのピンクの花がこの状態となっていた
あ〜、やっぱり遅かった
01804153.jpg

諦めきれない私は地を這うように見つめて探し出した一輪
暑そうな感じの名残のイワウチワとなっていた
01804154.jpg

わかっちゃいたけど・・・
でも今日は花の神様が居たようで
折角岡山までおいで下さったのでこれを見せてあげようと
サンカヨウの小群落
01804156.jpg

これは嬉しかったな
01804155.jpg

それにしても暑い
お目当ての花に行き着いて我に返るとフラフラ
園の半分程を周回してきたが
尾根を歩くには暑すぎる時間になってきた
ここから下って中央園地へと向う
このルート木の根が張り出す激下り
こんな道は苦手だな
やっと平坦な場所へと降りて来て
小川のほとりを歩く
この小川(清流)を前回来た時にはイワナが泳いでいた
今回は陽射しが強過ぎて隠れているのだろう

あっキクザキイチゲだ
これも終盤のようだ
01804157.jpg

あっ、サンインシロカネソウがいっぱい
島根の船通山で見て以来
01804161.jpg

なんて可愛らしい花だろう
01804158.jpg

01804159.jpg

ボタンネコノメソウもいっぱい
01804160.jpg

ハシリドコロを上向きにしてみる
01804162.jpg

ザゼンソウはほぼ終わりかと思っていたが
意外とまだ大丈夫な個体も
01804163.jpg

コチャルメルソウもあちこちに
01804164.jpg

ミヤマカタバミとショウジョウバカマは最後まで
これは駐車場で写した一枚
01804165.jpg

思いの外花を楽しめた一日
中国山地の脊梁、地味だが味わい深い山
また来ようっと

さぁ奥津温泉のお風呂が待っている
温泉で汗を流して
明日また山へ行けるようにウェアをランドリーへ
温泉街にコインランドリーが無かったので10キロ程街へと下る
出来上がり迄1時間を有効利用

一度食べてみたかった
山田養蜂場のハチミツソフトのハチミツ掛け
濃い味だったことは覚えているが
お昼をバナナで済ませていたので相当にお腹がすいていたのだろう
味わう事無くお腹に収まったようでどんな味だったか記憶に無い
01804166.jpg

今宵の宿、奥津温泉の民宿の晩ごはん
いろんなものが並んでいたが
スペシャル天ぷらにはコシアブラ・コゴミ・タラノメ・フキノトウ
そして食べてみたかったネマガリタケ
01804167.jpg
案の定、民宿のビールは大瓶
私一人では飲み干せずもったいないけどビールを残し
テーブルの食事を食べ尽くす
お腹いっぱいで不眠不休の体はもうこれまでと
深い眠りにつく
夜中に気付いて時計を見てみると
まだ11時を廻ったばかり

もう一度お休みなさい

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment