FC2ブログ

見渡す限り真っ平らな田園風景の広がる町から季節の移ろい、日常を発信

プロフィール

はこふぐ

Author:はこふぐ
点の記
北緯33度10分16秒
東経130度20分29秒
標高2.28m

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
仏石まで
Category: 山登り  
フクジュソウを初めて見たのがここ
状態が良い時期にぴったり合ったのだろう
それ以来ここのフクジュソウが一番だと思い続けてきた
今年やって来た時に
「ここでは駐車場付近でも簡単にヤマシャクの群生を見られるよ」
と監視のおじちゃんに教えてもらった
その時に見せて貰った写真のもうひとつの花が気になって
仰烏帽子に出掛けて来た

以前は二本杉峠経由でやって来てたが最近は大通峠経由に
こっちが断然早い
そしてフクジュソウの時には梅の花がそこかしこに咲いていたが
それがヤマザクラに変わって車窓を楽しませる

元井谷の林道に入ると暫くで樹氷に飾られた山が見えたところで
今は優しい緑と穏やかな桜色
これだけで幸せになる
01804105.jpg

写真では気付かないかな
ピンクのヤマザクラと同じように
薄紫のヤマフジが見事な花を咲かせている
01804106.jpg

ヤマザクラの素朴な色合い いいな〜
01804107.jpg

車の窓越しにキョロキョロしていたら、目の前に動くものが
慌てて急ブレーキ
のそのそと歩くアナグマだった
おい、もし轢いていたら私に食べられたかも
アナグマって美味しいらしい(オイオイ)
その後、何事も無かったかのようにのそりのそりと山を下って行ってしまった

駐車場に到着したらホントに車の後はすぐヤマシャク
いや、道路脇の斜面にもけっこうな花が目についた
あれっ、ヤマシャクの季節には監視員さんがいるって
おじちゃん居ないじゃない
ここから5分も歩けば素晴らしい群生地があるって
教えてもらおうと思っていたけどな〜

写真は相前後しますが
石灰岩の中のヤマシャク
いちばん「らしい」姿だな
01804108.jpg

こちらは駐車場側の群生
ここが開花は一番早いのかな
咲き揃っていた
01804109.jpg

こっちはあとでわかった5分程歩いた所の群生
斜面にどっーと咲いているので凄いが写真ではその凄さが判り辛いだろう
是非行ってみてちょうだい
01804110.jpg

こんな状態をヤマシャクの満開と呼ぶのかな
01804111.jpg

中の雄しべが菊の花のようだ
01804112.jpg

開花前も可愛らしい
01804114.jpg

きりがない程の数のヤマシャク
見ているだけだと飽きて来るでしょう
これくらいにして登山道を脇を飾る花達をさらりと

ジロボウエンゴサク
これをずっとエンゴグサだと思っていたが
最近見かけたブログで同じ過ちの人がいたことに笑ってしまった
01804115.jpg

ニリンソウもポツポツといった感じだけどずっと目につく
01804116.jpg

カタバミが少々
01804117.jpg

フデリンドウはこの時期どこでも目につく
01804118.jpg

なんとも変な形状のナツトウダイ
01804119.jpg

あ〜飛行機雲が伸びている
明日の天気は下り坂かな
01804120.jpg

足元にはヒトリシズカがいっぱい
01804121.jpg

ユキザサはあと少しで開花
01804122.jpg

ヤマウツボがにょっきり
01804123.jpg

大きなブナの芽吹き
01804124.jpg

花も咲いているな
01804125.jpg

おっ、今年の色を残したフクジュソウが一輪
01804126.jpg

この地ではまだ枝に咲くヤブツバキを見かけた
01804127.jpg

ツクバネソウの開花したものが
01804128.jpg

またニリンソウを
01804129.jpg

シロ花ネコノメソウに
01804130.jpg

コガネネコノメソウで良いかな
01804131.jpg

本日の折り返し地点
仏石に咲くヒゴイカリソウを私も見たくなって
仏石に登りはじめた
ここで落ちた、私じゃなくて石が
ずるっと足元の石が動いた
それからそのまま落ちて行った
途中「らく〜」とはどうにか声が出たが
下に人が居なかったのが幸いだった
以前は登山注意の看板だったような気がするが
最近は登山禁止となっていた
その意味がやっとわかった
自分が落ちるのは自己責任だけど
貰い事故では
禁止は禁止なんだと深く反省
で目の前にもう数歩先に進めばある花だったが
望遠ですませて、スタコラサッサ仏石から離れた私
かなり浮き石も多いようなのでご注意を
01804132.jpg

仏石にて折り返し登山口へと
フクジュソウの時にはじゅるじゅるで止まったら滑る様な坂道も
このところの陽気でカラカラ

ヒメレンゲは水が欲しいのでは
01804133.jpg

タニギキョウさんも水が欲しいって
01804134.jpg

イチリンソウは数が少なかったな
01804135.jpg

是非ともお会いしたかったあなた
その鮮やかな色合いが災いして盗掘に合うのだろう
01804136.jpg

この地で永く咲き続けて欲しいと願うばかり
01804137.jpg

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment