見渡す限り真っ平らな田園風景の広がる町から季節の移ろい、日常を発信

プロフィール

はこふぐ

Author:はこふぐ
点の記
北緯33度10分16秒
東経130度20分29秒
標高2.28m

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
平戸 志々伎山
Category: 山登り  
昨年はなんでも花が早かったので
シュンランもと、急ぎ過ぎて空振りだった
今年はじっくり待機して イザ

駐車場のウリハダカエデも開花しているので大丈夫だろう
01704076.jpg

イヌマキの大木を過ぎる
いつ見ても立派な木だ
01704077.jpg

さっそく、バイカイカリソウがお目見え
01704078.jpg

テンナンショウも毒々しく咲いている
01704079.jpg

あっ、ギンリョウソウがお目覚めだ
01704080.jpg

一つ見つけたら次から次に
状態がいいね〜
01704083.jpg

マッターホルンの穂先が見えたと思ったら
次から次にガスが湧いてくる
01704081.jpg

あなたには、あまりの可愛さに何度足を止めた事か
01704082.jpg

危うく踏みそうになった岩の間の一群れ
01704084.jpg

先程すれ違った人に「シュンラン咲いてましたか」と尋ねた所
「未だですよ」と、かなりガックリしながらも
もしかしてと注意深く歩いていたら
今年は無事に出逢えました
周りの緑に同化して、俯き加減に咲く花に
先程の人は気付かなかったのだろう
01704085.jpg

花はさておき、景色は素晴らしかったと先程の人から
この山に登って、こんな天気になるのも珍しく
流れる霧の間から見えてくる蒼い海が神秘的
海上も霧の中なのだろう、さっきから警笛を鳴らす船の音がこだまする
01704086.jpg

素晴らしい雲海、それも上空には青空
01704087.jpg

また同じ所にシロバナハンショウズル 以前もここで見かけたな
01704088.jpg

山頂あたりで目を凝らすと
いっぱい咲き出していた
01704089.jpg

この子もいっぱい
01704090.jpg

一人で楽しむのももったいなく
後から登って来られた人に「花の写真は撮られますか」と尋ねたら
「いや、私は石の方が専門で花は詳しくない」と
折角この時期に登ったんだからとほぼ無理矢理シュンランを愛でさせる
だって咲乱れてるもん
01704091.jpg

バイカイカリソウを撮ろうと思ってピントを合わせていたら
なぜか横のシュンランの蕾に合っていた
とにかく沢山の花、花、花
01704092.jpg

ここにもスミレがと顔を近づけると、この山では初見のヒメハギ
01704093.jpg

気分爽快、春の平戸紀行
久しぶりに汗をかいたのでいつもの蘭風で立ち寄り湯ととと
改装中でクローズだった

それにしても今日は不思議なお天気
午後3時をまわった時間でも次から次に海上から霧が山へと流れてくる
スポンサーサイト


満開から二日たち
Category: 定点の桜  
まだかな、まだかなと気を持たせた桜
やっと咲いたかと思ったら連日の雨
満開から二日かな
昨夜は地区の一本桜花見会
この桜の木の下で楽しい宴だったろう
01704074.jpg

あっっ〜〜っ、やはり桜には青空かな
01704075.jpg


阿蘇周辺の桜を追って
Category: 2017の桜  
例年の桜旅
長距離は疲れるからそろそろ終わりにしようと母が・・・
そこを無理矢理、近場だからと連れ出す
一心行の桜を見た事が無い父
それでは、阿蘇方面へと

雨の降り止まぬ一日だったが、道中の桜は見事なまでの満開

地震の爪痕もまだまだ見受けられる所に
雨の中、田んぼで作業をしている人を見かけると
「何、作ってるのだろう」と
作物を収穫するには一朝一夕では出来ない事を良く知ってる父母は気になるようだ
阿蘇をぐるりと廻って高森へと

我家では珍しく今日はお弁当なし
復興支援にと現地にて肥後赤牛丼を うまっ
01704072.jpg
熊本テイストの味付けでガーリックたっぷりだった

お口直しにと、立寄った「万十」と書かれた看板のお店のあんぱんが殊の外美味しかった
牛丼食べてあんぱんまでと驚くなかれ ほんとに旨かったんだから
もちろん、ここでは熊本に来たならって「いきなり団子」も購入
調べてみました「後藤万十」のようだ
阿蘇(高森方面)に行かれた際には是非、是非

阿蘇から離れていく時、父が「阿蘇は飲食店も大かね〜観光地ね〜」と
そうなんだな〜とつくづく思った
九州に住む人にとって「阿蘇」とは
いろんな思い出の詰まった地ではなかろうか

高森より大観峰へとまた上り坂
ガスがかかったり晴れたり

小国の桜を愛でて家路へと

締めくくりに選んだのが日向神ダムの堰堤の桜並木
一昨年だったか、すごくキレイだった記憶が残っていたので
雨の夕方でもあり、行き交う車も少なく、スピードを落としゆっくと車中より見学
あまりの美しさに一同大喜びで「まるで絵のよう」と
あまりの美しさに、初めて対岸まで廻ってしまった
雨だったのでカメラは出さずに
助手席のスマフォで一枚のショット
01704073.jpg

雨の平日 桜観賞にはうってつけの日となった
腕(カメラの)さえ良ければ雨に煙る桜も最高だろうな

暗くなる前には家路に着く

大満足の桜旅


池の鶴の大桜
Category: 一本桜  
前原の桜へ行く前に池の鶴の大桜の薄くなった看板は目に留まっていた
しかし、この桜は満開になるのが早かったのではと通り過ぎていた
上の桜が未開だからもしかしたらと
集落へと降りる車道に車を向けた途端にピンクの背の高い桜が目に入った

桜の元へ車を移動して見上げる
九州のエドヒガンの古桜はどうしてこんなにみんな背が高いのだろうか
私のカメラ(腕)じゃまったく絵にならない
ホントに素敵な桜だけどな〜
01704067.jpg

桜優先でお社の屋根もつっかい棒の役目
01704068.jpg

また、どうしてこんな側に桜を植えたのか
それともこんな側にお社を建てたのか
桜がこんなに大きくなるなど思ってなかったのかな
01704070.jpg

あっ、この方角が桜がしっとり見えるかな
01704071.jpg

思いがけず立派な桜の満開に出逢えて幸せ
雨もまた良し
01704069.jpg

樹種:エドヒガン
樹齢:350年
幹周:3m
樹高:20m

所在地:熊本県阿蘇郡小国町下城

撮影:2017年4月10日


前原の桜
Category: 一本桜  
南阿蘇から大戸越えで高森へ
そして大観峰方面へと進み
3本目の桜へ

さっきまでどこを通っても満開の桜だったが、ここにきて堅い蕾
お初の対面だけど、凄いロケーションにびっくり
牧野の中の一本桜、カメラマンが集まるのも頷ける
01704065.jpg

またいっぱい花を咲かせた時に必ず逢いにくるよ
01704066.jpg

樹種:ヤマザクラ

所在地:熊本県阿蘇郡小国町下城 前原牧場

撮影:2017年4月10日


阿蘇 一心行の大桜
Category: 一本桜  
言わずと知れた一心行の桜
記憶にあるだけでも6回は見に来ている
しかし、雨の日は初めて
数年前に台風で枝が折れ、まん丸の樹型が幾分いびつになったようだが
これも時が経てば見慣れてくるだろう
01704060.jpg

結構傘も似合っているな
01704061.jpg

開花宣言から3日目
満開まではあと数日かかりそうだ
おかげで立派な幹をゆっくり見られた
01704062.jpg

でもこの時点でもかなりのボリューム
01704063.jpg

こちらはヤマザクラで色白
だからライトアップに映えるんだな
01704064.jpg

来る度に変化する桜の周囲
そろそろこのままにして欲しい様な気もするが
しかし昨年の激震にも見事に耐えてまた咲いてくれている
その力を目の当たりにして、ほんとに来て良かった、逢えて良かった

樹種:ヤマザクラ
樹齢:400年
幹周:7.35m
樹高:14m
枝の差し渡し:南北26m

所在地:熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松

撮影:2017年4月10日





阿蘇 観音桜
Category: 一本桜  
今年の我家の桜旅は熊本、南阿蘇へと決めていた
予定の日、九州はほぼ雨
ヤフー天気でみると、終日「弱雨」ならば桜は見られるなと決行

やっと通れるようになった俵山トンネル経由で南阿蘇に入る
ブルーシートの数もめっきり減ったが、更地となった土地には未だ家も無く
河川の修復等はいたるところで目につく
でも観光地「阿蘇」は頑張っている

本日1本目の「観音桜」
迷わず行けるかと心配していたが、しっかりとした案内板があった
この雨で来場者も少なく、牧野への入場を管理しているおばさんも気の毒そうに
入場料を受け取られる

車の出入りも少なく、車中からでも充分に眺められる牧草地の中の一本桜
01704054.jpg

でもせっかくココまで来たのだからあの桜まで登ってみようと歩き出す
ふっと足を停めて振り返ると「うわっ〜、ミスター雄大(すみませんパクリです)」
最近はどこの桜に行ってもカメラマンが凄い
しかし、この雨だと、これだけの景色を私のものにできる
01704055.jpg

ほんとに写真映えのする立派な一本
01704056.jpg

8〜9分 どれかのブログではヤマザクラとあったが
いや、これは間違いなくソメイヨシノだろう
入口のおばちゃんにも確認したし
01704058.jpg

もう少し登って、手前に観音桜を配した写真を帰ってから見つけた
とっても素敵な絵になっていた
けど、今日はお山が見えたり消えたりの一日
01704059.jpg

樹種:ソメイヨシノ
樹齢:およそ90年

所在地:熊本県南阿蘇村大字河陰

撮影:2017年4月10日


奥十曽のエドヒガン
Category: 一本桜  
十曽池公園から約6キロを車で登って行くと桜の駐車場に着く
歩いて1分程の所に登山口
桜の為の登山道なので整備は行き届いているが、階段状の段差が結構厳しい
ここを10分程頑張ると目の前に、桜の幹とは到底思えない様な樹が見えてくる
花を探そうと上を向くと首が痛くなる
ここが一番良く見えますと先客より案内があり助かった

水分をたっぷり含み、雫がポトポトと落ちるコケに覆われた幹
01704042.jpg

急斜面に立ち、悠久の時間に土が流されこんな根上状態になったのだろうか
01704047.jpg

根?幹?を眺めているだけでも凄い
01704046.jpg

スレンダーな長身美人さんなので枝先の花を見るには
やはりバックに青空が欲しかったが、仕方ない
写真は少し修正を加えた(花が見える様に上部の明度を上げた)
とにかく高い
01704043.jpg

花はズームで
01704044.jpg

エドヒガンの優しい花が満開だった
01704045.jpg

幹に着生したシダ類も凄い
01704048.jpg

樹種:エドヒガン
根周:21m(日本一)
幹周:10.99m
樹高:28m
樹齢:推定300年以上(環境庁)〜推定600年(北薩森林管理署)
森の巨人たち100選(92番)
大口市天然記念物(平成2年指定)

所在地:鹿児島県伊佐市大口小原十曽

撮影:2017年4月9日

道中に樹齢150年・2番目に大きいエドヒガン桜の案内があったので
こっちは道路からすぐの位置
お見事
01704049.jpg

若い分花付きも良いようだ
01704053.jpg

01704050.jpg

まだまだ元気そうな幹
01704051.jpg

落花があったので拾ってみたが、やはり愛らしいエドヒガン
01704052.jpg




やませみが飛び立つ曽木の滝
Category: ぶらり旅  
桜シーズンの週末にやっと出た晴れマーク
これを逃してはと、鹿児島へと向かった
道中、昨日の天保古桜も見てとれた
高速のPAはどこも満開の桜
八代から人吉への山間は山肌に無数の山桜
遅かった桜前線がいっぺんにやって来た様な
弾む心に神様のやっかみなのか、なかなか青空が出てくれない
今日の桜だけはどうしても青空が欲しくて
時間稼ぎに、一度行ってみたいと思って来た滝へ先に行ってみる事に

まず手始めに曽木発電所遺構が見られる展望所へ
事前調査に寄ると渇水期の5〜6月頃に中世のヨーロッパの居城跡を思わせるレンガ造り・・・
期待してダムをのぞくが アレッ
01704032.jpg

看板には
01704031.jpg

ちょっと水が多かったようで(笑)

滝へと移動
東洋のナイアガラとも呼ばれる曽木の滝
想像以上の迫力
01704033.jpg

本物のナイアガラを見てないけど
これはホントに大迫力
01704034.jpg

01704036.jpg

隣りに立つ人が「あそこに鳥がいますよね」と遮二無二に言うもんで
カメラをズームしてみるとサギが餌を狙っているよう
手持ちの双眼鏡に替えてみると、サギが餌をくわえているので
コレで見て下さいと貸してあげた
その時、チラリと頭を霞めたのが、昨夜伊佐市をぐぐってみたところ
この辺りは野鳥の宝庫のようだ
鳥目になってあたりを見回してみる
出て来た!!やませみが
観光地のようではあるが、さすがにこの流れでは対岸へ辿り着けない
そんな事を知ってか、悠然と や ま せ み が
01704035.jpg

とっても良いところへ来たな〜

公園の桜も満開
01704037.jpg

鹿児島へ来たのだから
折角ですもん
01704038.jpg

へへへ、黒豚牧場で
01704039.jpg

トンカツです(かわいそ〜〜なんて言わないで)
01704040.jpg

が実はここへ来る途中から車に異音が発生
折角の豚の味の記憶が曖昧
記憶の中で一番美味しかったのは豚汁かな
これはとても美味しかった記憶が

でも庭先に植栽されていたオキナグサだけはキチンと撮って来ました
01704041.jpg

かなり心配な状態の車だったが
突然に異音が取れたので
いちおうディーラーに寄り道をして足回りを見てもらい
まぁ無事に帰る事はできた(ホッ)


大津山公園の桜
Category: 四季彩  
山川の一本桜のついでに立寄ってみた南関町「大津山公園」の桜がとっても素敵だった
桜の季節にここを通ると気にはなっていたが立寄る事が無かった
今日は特別の目的もなくやって来たので歩いてみた

雨もまた風情と言ってもいいのかも
01704026.jpg

01704027.jpg

こちらのソメイヨシノは早々と散りかけていた
これもまた美し
01704028.jpg